大学機関別認証評価 評価員

 当機構の認証評価において実際に評価活動を行う人を「評価員」といいます。このページでは、評価員候補者の登録・推薦に関する書類や、規定を掲載しています。

評価員制度

 当機構は、評価を行う際の基本方針の一つとして「VoluntaryPeerReview」を掲げています。これは、大学の教職員等が他の大学等の評価を自発的に行うことを指しています。大学等の複雑な教育研究活動などを最も適切に評価できる体制であるとの考えからです。

 当機構では、日本私立大学協会加盟校や当機構会員校、関係機関などに依頼し、所属の教職員の方々を評価員候補者として推薦していただいています。厳密な推薦基準は設けていませんが、目安として「大学等での経験が10年以上の方」としています。

 評価を行うに当たって、判定委員会が評価対象校の分野、所在地、規模などを考慮して評価員候補者の中から評価員を選任し、評価チームを編制します。

大学機関別認証評価 評価員候補者の推薦について(依頼)

 当機構の認証評価は、大学の多様な教育研究活動などを適切に評価するために、大学の教育研究活動などに識見を有する方を中心に構成する評価員によって実施することとしております。

 平成29年度は、平成28年度と同様、受審校の大幅な増加が見込まれており、評価員の体制を強化する必要があります。

 つきましては、評価員候補者の追加募集を行うことといたしましたので、ご多忙の折柄、恐縮とは存じますが、当機構が実施する認証評価の重要性をご斟酌賜り、平成28年11月24日(木)までに評価員候補者としての適任者をご推薦賜りますようお願い申し上げます。